即日キャッシング24

即日キャッシング24|今すぐお金を借りる24の法則

即日キャッシングで今すぐ借りるために必要な方法を紹介します

ホーム » アーカイブ

即日キャッシングでは何の書類が必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

カードローンやキャッシング審査の必要書類について

カードローンやキャッシングの審査には、申し込み時に本人確認を提示する必要があります。本人以外は、申し込みできません。本人確認は、運転免許証でできます。運転免許証には、名前、住所、生年月日、本人の写真が載っています。住所は、現住所が記載されているかを確認し、現住所であれば、本人確認は免許証だけで確認できます。

 

本人確認以外に、収入証明書が必要な場合があります。それは、限度額が50万円以上で申し込みをする場合です。収入証明書は、年収がいくらあるのかを確認するために必要です。貸金業では、総量規制があります。他社を含めて借り入れの総額が、年収の三分の一までという決まりのことです。総量規制を超える借り入れはできません。

キャッシングに必要な書類は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

収入証明が不要な申込

カードローンには、お金を融資するために、さまざまな本人確認の書類が必要になります。何の書類が必要なのかと言うのは、金融企業の殆どが同じなのですが、借入利用限度額が企業の指定した金額よりも上回った場合のみ収入証明書類の提出が必要になります。

 

それ以外は、本人の身分を確認できるもの、運転免許証や、パスポートや、健康保険証などだけで、借入申し込みを行う事が出来ます。

 

金融企業ごとによって、違いがあると言うのは、例えば利用限度額が50万円以上の場合、収入証明書が必要になる。

 

100万円以上の場合、300万円以上の場合、500万円以上の場合など、企業に寄って、幾ら以上の利用限度額の申し込みの場合なら、収入証明書の提出が必要と企業ごとに違いがあります。

 

だから、大抵は50万円以下の借入ならば、収入証明の書類は不要な申し込みで行けるでしょう。

 

50万円以下ならば、低い金額なので、短期間の借入であり、月々の返済額も少ないのです。だから、それほどにも返済可能な人かどうかと、収入証明の書類まで提出しなくてもそれほどに慎重にならずに行ける金額だと判断されているのでしょう。

 

身分証明書類や、収入証明書類が何故必要なのかと言うと、申込をして契約するかどうかには、審査があります。

 

この審査の為に書類が必要となって来るのです。低い金額の借入ならば、収入証明は不要だと解れば、いつでも提出できる身分証明書類だけで済むので、とても簡単に申し込みが出来て便利であると思います。

カードローンやキャッシング審査に必要な書類。

カードローンやキャッシングを申し込むには、必要な書類が何点かあります。

まずは、本人であると証明するためのものが必要です。

 

つまり、運転免許証やパスポートなど…

 

もしない場合は、保険証や公共料金の領収書などでも代用できます。

 

借り入れる金額によっては、収入証明書なども必要になる場合もあります。
一般的には、50万円以上の融資を希望する場合のみ収入証明書が必要となる場合が多いようです。

 

50万円未満の場合は、収入証明書などは必要なく身分証明できれば大丈夫と言えます。50万円以上となった場合でも、カードローンやキャッシング会社によっては収入証明書など不要なところもあります。

 

免許証などの場合は、コピーしてファックスするだけなのでかなり便利に申し込みもできます。

 

キャッシング会社によっては、独自のサービスなどで100万円でも200万円まででも収入証明書が不要なところもあります。カードローンやキャッシング会社によって、それぞれのサービスが違うのでホームページなどで調べて見るといいと思います。

 

また、収入証明書が必要でない場合は免許証さえあれば、すぐにでもお申し込みが可能です。他のどれよりも免許証は変えられない程の効力があると言えます。

カードローンを利用する際の必要書類について

カードローンを利用したいと思った際には、様々な書類が必要です。まず最も大切なものは、運転免許証などの本人が確認できる書類です。運転免許証や運転経歴証明書を持っていないという人は、保険証や住民基本台帳などを提出することによって、代用することができます。

 

そういった書類を提出する際に、現在住んでいる住所と本人確認書類に記載されている住所が異なる場合には、お金を借りる人の名前と現在住んでいる住所の両方が記載されているもの、たとえば公共料金の領収書などの提出が必要です。

 

また、借入限度額が50万円以上の場合には、収入証明書を提出することが必要です。これは賃金業法に基づいており、源泉徴収票や確定申告書、所得証明書などの種類があります。直近2か月分の提出が必要となり、発行年月や氏名、勤務先、総支給額が記載されていない場合には、勤務先の社印が必要になります。

 

カードローンと一口に言っても、借入する場所は様々なものがあると思いますが、入会費や年会費が無料と言われている楽天銀行のカードローンであれば、借入する金額が200万円までであれば、所得証明書の提出は不要と言われています。借入する場所によって、必要書類が異なるのであらかじめ確認しておく必要があります。

キャッシング審査に必要な書類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

運転免許証で審査を受けれる

カードローンはお金を借りるところです。そのカードローンは運転免許証を持って行ったらすぐにお金を貸してくれると有名です。

 

借金をした事が無い人にとっては、運転免許証だけで、お金を貸してくれるなんて、信じられないと思われがちです。

 

お金はとても大事なもので、身も知らない人が運転免許証を持って、申し込むとお金を出して貰えるなんて、そんなのは危険だ、何か怪しいっと言うイメージも持っていました。

 

しかし、それはただ単に、必要な書類が運転免許証だけで良いだけで、カードローンの申し込みをしたら、色々な審査や、書類や確認事項もあって、結構大変なのです。

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ