即日キャッシング24

即日キャッシング24|今すぐお金を借りる24の法則

即日キャッシングで今すぐ借りるために必要な方法を紹介します

ホーム

即日キャッシングをする時の流れについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

キャッシングの審査を申し込んでからの流れ

お金を借入するときには、審査が必ずあります。この審査に通過しないと、お金を借りることが出来ないのです。

 

カードローンなどで借入の申し込みをすると、その次には審査を受けます。審査は、申し込みした金融企業が行うので、何もする事はありませんので、ずっと待っているだけの状態です。

 

審査を申し込んでからの流れは、ずっと審査結果を待つ状態が続き、そして結果が出たら、その内容を聞いて、結果が審査に通ったのなら、契約を交します。

 

もしも審査の結果で、通過できなかった場合は、契約不可能となり、お金を借りる事が出来ない状態となります。

 

審査の内容は、金融の信用情報機関への閲覧確認と、勤務先への在籍確認と、属性の確認などが行われます。

 

これらは、金融企業によって審査はさまざまで、審査が厳しいところもありますし、優しくてすんあり通るところもあるでしょう。

キャッシング金利と限度額の関係について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

カードローンにおける金利の計算方法について

カードローンやキャッシングを利用するというときには、元金と利息の両方を支払わなくてはならないので、利用しているカードローンでどれくらいの利息を払っているかということを確認しておくことが大切です。

 

利息は、借りた金額に対して一定の利率をかけて出てくる手数料のことであり、これを金利と言います。金利がいくらで借りたかということを把握しておけば、カードローンでどれくらいの金額の利息を払わなくてはいけないかということがわかります。

 

利息は借りたお金に金利と借入している期間をかけたものによって、計算することができます。カードローンは、借入する期間が短いほど利息の負担が少なくて済むということが言えます。

 

また、消費者金融と銀行のどちらで借りるかということによっても、金利が変わってきます。一般的に、金利が低いのは銀行でお金を借りた場合です。銀行一つをとっても、銀行によって金利が異なるので、あらかじめ確認しておく必要があります。

 

金利を安くする方法としては、審査が多少厳しくても金利が安い銀行を選ぶか、審査が通りやすく金利が高い消費者金融を選ぶかということにあります。また、自分が利用したい極度額で金利の比較をするということも重要なポイントです。

借入する前の金利計算で検討する

お金を借りると言う事は、必ず利息が発生します。この利息はお金を借りる借金の返済以外にも、多い金額を返済している状態になるでしょう。

 

だから、借入をする前に、この金額をこの期間で返済したのなら、いったい幾らくらい利息を払うことになるのだろうっと見てみると良いでしょう。

 

借入する前に金利計算をして検討するのが好ましいのです。もしも金利計算が難しくて不安なら、企業のサイトに無料で試せる返済シュミレーションと言うのがあるので、このシュミレーションで試してみるとおおまかの金額は解ると思います。

 

借入する前に金利計算をして見ると、もしもこれだけの金額を借りたら、これだけ利息が発生するのかっと改めて思い、借入金額を減らそうと思案したり、短期間で返済出来るように、毎月の返済額を多くしたりと、思案したり、検討したりできるでしょう。

 

利息のトータル合計額では、アバウト過ぎて解りにくいのなら、毎月返済する時に金利は幾ら分、払っているかと、月々の返済シュミレーションで見るのも良いと思います。

 

このような金利をあらかじめ計算しておくと、利息を出来るだけ減らした返済計画を立てられ、申し込みの時に、返済方法の希望を言いやすく、有利な契約になるので、お薦めであると思います。

カードローンの金利について

カードローンと言えば、銀行などの市中金融機関のカードローンや消費者金融などのキャッシングがあります。共にカードローンという括りになりますが、その内容は少し違います。今回は、その違いや仕組みなどを説明します。

 

金利については、年利◯%という表記になっていますので、年利10%のカードローンで10万円を1年間借り続ければ、10万円×10%=1万円の利息となります。

 

ただ、金利は日割りで算出されます。よって、年利10%で10日間10万円を借りれば、10万円×10%÷365×10日=273.97円の利息となります。実際には、今日1日分の利息は◯円といった形で毎日の利息を1ヶ月分合計し、今月の利息は△円といった形で出てきます。

 

気になる実際に適用となる金利は、消費者金融のものよりも銀行などのものの方が低いのが一般的です。審査の内容により金利が決まりますので、必ず銀行の方が低いとはならないです。

 

審査の結果により金利が変わる場合、主に現在の借入の内容や収入によって変わってきます。また、銀行によっては取引の内容によって、金利を優遇してくれるといったものもあります。優遇される取引とは、給与振込や住宅ローンや定期預金の有無などです。

 

最近は、銀行・消費者金融共に最短で当日から借入が可能となっています。思い立った時に側にある所で借入をするのも良いですが、自分自身の取引金融機関のカードローンが優遇の対象になるのかなど、調べてから申し込みをされるとお得になる場合があります。比較しながら自分に合った物を選びたいですね。

キャッシングの金利はどこが安い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

金利の比較 銀行系・金融機関

主な金融機関の金利・条件などを比較してみました。銀行系、学生・専業主婦貸付NGなど条件が厳しいところは金利が安くなっている傾向がわかります。ご自身の必要金額、返済条件などを考慮し、よく検討するといいでしょう。

 

■ソニー銀行カードローン
2.5%~13.8%
最大借入限度額 800万円
*銀行系・専業主婦OK・ATMなどOK

 

■住信SBIネット銀行
7.49%~7.99%
*銀行系・ATMなどOK

 

■三井住友カードゴールドローン
9.8%
*即日OK・パート、アルバイトOK

即日キャッシングでは何の書類が必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

カードローンやキャッシング審査の必要書類について

カードローンやキャッシングの審査には、申し込み時に本人確認を提示する必要があります。本人以外は、申し込みできません。本人確認は、運転免許証でできます。運転免許証には、名前、住所、生年月日、本人の写真が載っています。住所は、現住所が記載されているかを確認し、現住所であれば、本人確認は免許証だけで確認できます。

 

本人確認以外に、収入証明書が必要な場合があります。それは、限度額が50万円以上で申し込みをする場合です。収入証明書は、年収がいくらあるのかを確認するために必要です。貸金業では、総量規制があります。他社を含めて借り入れの総額が、年収の三分の一までという決まりのことです。総量規制を超える借り入れはできません。

キャッシングに必要な書類は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

収入証明が不要な申込

カードローンには、お金を融資するために、さまざまな本人確認の書類が必要になります。何の書類が必要なのかと言うのは、金融企業の殆どが同じなのですが、借入利用限度額が企業の指定した金額よりも上回った場合のみ収入証明書類の提出が必要になります。

 

それ以外は、本人の身分を確認できるもの、運転免許証や、パスポートや、健康保険証などだけで、借入申し込みを行う事が出来ます。

 

金融企業ごとによって、違いがあると言うのは、例えば利用限度額が50万円以上の場合、収入証明書が必要になる。

 

100万円以上の場合、300万円以上の場合、500万円以上の場合など、企業に寄って、幾ら以上の利用限度額の申し込みの場合なら、収入証明書の提出が必要と企業ごとに違いがあります。

 

だから、大抵は50万円以下の借入ならば、収入証明の書類は不要な申し込みで行けるでしょう。

 

50万円以下ならば、低い金額なので、短期間の借入であり、月々の返済額も少ないのです。だから、それほどにも返済可能な人かどうかと、収入証明の書類まで提出しなくてもそれほどに慎重にならずに行ける金額だと判断されているのでしょう。

 

身分証明書類や、収入証明書類が何故必要なのかと言うと、申込をして契約するかどうかには、審査があります。

 

この審査の為に書類が必要となって来るのです。低い金額の借入ならば、収入証明は不要だと解れば、いつでも提出できる身分証明書類だけで済むので、とても簡単に申し込みが出来て便利であると思います。

カードローンやキャッシング審査に必要な書類。

カードローンやキャッシングを申し込むには、必要な書類が何点かあります。

まずは、本人であると証明するためのものが必要です。

 

つまり、運転免許証やパスポートなど…

 

もしない場合は、保険証や公共料金の領収書などでも代用できます。

 

借り入れる金額によっては、収入証明書なども必要になる場合もあります。
一般的には、50万円以上の融資を希望する場合のみ収入証明書が必要となる場合が多いようです。

 

50万円未満の場合は、収入証明書などは必要なく身分証明できれば大丈夫と言えます。50万円以上となった場合でも、カードローンやキャッシング会社によっては収入証明書など不要なところもあります。

 

免許証などの場合は、コピーしてファックスするだけなのでかなり便利に申し込みもできます。

 

キャッシング会社によっては、独自のサービスなどで100万円でも200万円まででも収入証明書が不要なところもあります。カードローンやキャッシング会社によって、それぞれのサービスが違うのでホームページなどで調べて見るといいと思います。

 

また、収入証明書が必要でない場合は免許証さえあれば、すぐにでもお申し込みが可能です。他のどれよりも免許証は変えられない程の効力があると言えます。

カードローンを利用する際の必要書類について

カードローンを利用したいと思った際には、様々な書類が必要です。まず最も大切なものは、運転免許証などの本人が確認できる書類です。運転免許証や運転経歴証明書を持っていないという人は、保険証や住民基本台帳などを提出することによって、代用することができます。

 

そういった書類を提出する際に、現在住んでいる住所と本人確認書類に記載されている住所が異なる場合には、お金を借りる人の名前と現在住んでいる住所の両方が記載されているもの、たとえば公共料金の領収書などの提出が必要です。

 

また、借入限度額が50万円以上の場合には、収入証明書を提出することが必要です。これは賃金業法に基づいており、源泉徴収票や確定申告書、所得証明書などの種類があります。直近2か月分の提出が必要となり、発行年月や氏名、勤務先、総支給額が記載されていない場合には、勤務先の社印が必要になります。

 

カードローンと一口に言っても、借入する場所は様々なものがあると思いますが、入会費や年会費が無料と言われている楽天銀行のカードローンであれば、借入する金額が200万円までであれば、所得証明書の提出は不要と言われています。借入する場所によって、必要書類が異なるのであらかじめ確認しておく必要があります。

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ