即日キャッシング24

即日キャッシング24|今すぐお金を借りる24の法則

即日キャッシングで今すぐ借りるために必要な方法を紹介します

ホーム » 審査に必要な書類 » 即日キャッシングでは何の書類が必要?

即日キャッシングでは何の書類が必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

カードローンやキャッシング審査の必要書類について

カードローンやキャッシングの審査には、申し込み時に本人確認を提示する必要があります。本人以外は、申し込みできません。本人確認は、運転免許証でできます。運転免許証には、名前、住所、生年月日、本人の写真が載っています。住所は、現住所が記載されているかを確認し、現住所であれば、本人確認は免許証だけで確認できます。

 

本人確認以外に、収入証明書が必要な場合があります。それは、限度額が50万円以上で申し込みをする場合です。収入証明書は、年収がいくらあるのかを確認するために必要です。貸金業では、総量規制があります。他社を含めて借り入れの総額が、年収の三分の一までという決まりのことです。総量規制を超える借り入れはできません。

 

カードローンの限度額も、総量規制の範囲内であることが必要です。カードローンは、限度額の範囲内で借りたり返したりを繰り返す商品だからです。しかし、総量規制に入らないカードローンもあります。銀行のカードローンです。銀行のカードローンは、銀行により申し込み時の必要書類の範囲が違ってきます。

 

楽天カードローンは、銀行系のカードローンになります。楽天カードローンは、200万円までは収入証明書の提出は不要になります。

カードローン、キャッシングを申し込むために必要なものとは

カードローンやキャッシングは、申し込んでおくことによってお金が必要となったときには、ATMなどを利用してすぐにお金を借りることもできるためとても便利なものです。

 

カードローンやキャッシングを利用することで、緊急時にもお金を融資してもらうことができるためとても便利なものですが利用するには時前の申し込みが必要となります。

 

カードローンやキャッシングを利用するために必要なものは、主に本人であることを確認することができる本人確認書類が必要となります。

 

銀行系のカードローンやキャッシング

場合には本人確認書類のみの提出であることが多いですが、借入額が多かったり、会社によっては収入証明を求められることもあるため、用意しておく必要があります。

 

収入を証明するための書類は、きちんと支払いをすることができる収入であるかということを確認するものであるため、借入額が高くなることで提出を求められます。

 

収入を証明できる書類は、主に給与明細から、所得証明、源泉徴収票などがあり、提出をすることによって、融資の審査を受けることができるため、カードローンやキャッシングを利用したいとかんがえたときには、提出する書類は用意しておいた方がスムーズに審査を受けることができます。

審査の際の必要書類について

借入の申し込みの際、必要な書類が様々想定されますが、主な金融機関での準備すべき必要書類は、どんなものがあるのでしょうか?

 

以下に主なものをまとめてみました

 

・住信SBIネット銀行 Mrフリーローン:収入確認書類の写しのみ

・イオン銀行カードローン:ご本人確認書類、年収が確認できる書類

*300万円以下のお借入れには不要
*個人事業主などは、収入証明書の提出が必須

 

・アコム:運転免許証(または健康保険証)、お借入総額により収入証明書
*個人事業主の場合、確定申告書事業計画などが必要

 

・プロミス:運転免許証(または健康保険証、パスポートなど)、収入証明書(会社員の場合、源泉徴収票、課税証明書、給与明細書など/事業主の場合、課税証明書、確定申告書など)

 

・楽天銀行スーパーローン:本人確認書類(運転免許証か、パスポート、健康保険証)収入証明書(源泉徴収票、課税証明書、給与明細書など)

 

・モビット:本人確認書類(運転免許証か、パスポート、健康保険証)収入証明書(源泉徴収票、課税証明書、給与明細書など)

 

本人の確認書類や、収入などを証明する書類は、やはりほとんど必須のようです。

 

しかしこれも、一時に比べるとかなり簡素化されていますし、金額によっては、収入証明などがいらなくなってきています。

 

また、WEB申し込みなどが増えていますので、郵送ではなく、コピーをメールに添付という感嘆の方法ですので、準備も一人で短時間ですませられます。"

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ