即日キャッシング24

即日キャッシング24|今すぐお金を借りる24の法則

即日キャッシングで今すぐ借りるために必要な方法を紹介します

ホーム » キャッシングの限度額 » キャッシングの限度枠を上げるためには?

キャッシングの限度枠を上げるためには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

信用情報によって左右される

消費者金融のキャッシングやカードローンで「最大500万円融資可能」と書かれていたら、「私も500万円借りられるの」と思いませんか。

 

しかし、誰でも最大融資額を融資してもらえるかと思ったら大間違いです。

利用限度額は各個人の収入といった属性情報や現在、過去の借入状況などの信用情報に応じて審査されるのです。

 

いくら沢山のお金を借りたくても、金融機関が審査によって決めた利用限度額以上は借りることはできません。「では利用限度額ってどうやって決めるのか、一度決められたら増えないのか」そんな疑問がわいてきますよね。


そこで、消費者金融のキャッシング・カードローンの利用限度額の決め方や、利用限度額の増額・減額、利用限度額によって異なる金利、についてご説明します。

 

?利用限度額の決め方とは

 

キャッシングやカードローンを利用する際に気になることの一つに利用限度額があります。自分は一体いくらまでお金を借りることができるのか、は大きな関心事です。利用限度額は法律と金融機関の審査によって決められます。

 

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者に対する「年収の3分の1以上は貸し出してはいけない」という規制です。だから、消費者金融でキャッシングする時は、最大でも年収の3分の1までしか借りることができません。

 

これは各消費者金融や信販会社での借入の合計額です。
クレジットカードでのキャッシングの利用額も対象になります。

審査はスピードが命!審査の通りやすいカードローンは??

カードローンというと家族にバレたくない、早くにまとまったお金が必要など、借りる側の理由があるかと思います。まずは人気のあるカードローン会社はどこでしょうか?

 

1位アコム:三菱UFJグループなので、安心して借りられる、ネット契約でその日のうちに借りる事が出来る。2位プロミス:学生、パート、バイトでも借りられる、自動審査で最短1秒で契約可能額を回答してくれる。

 

3位住友銀行カードローン:高限度額で、大手なので安心。

 

限度額500万と書いてあったら誰でも500万円借りる事が出来るわけではありません。消費者金融での借り入れは総量規制による限度額の規制がかかります。年収が300円の人に500万貸しても返ってくる見込みは怪しいですよね?なので、年収の3分の1までしか貸してはいけないという決まり(総量規制)があるのです。

 

銀行のカードローンですが、審査に通りやすいカードローンもあらります。しかし、審査に通りたい一心で同時に何社も申し込みすることは避けましょう。複数のカード会社を申し込むと審査に弾かれてしまう可能性があります。オススメはネット銀行です。

 

「ソニー銀行」口座を持っていれば最短60分持っていなくても翌日には審査の結果がでます。「セブン銀行」最大50万までなので、限度額は決して大きくありませんが、すべての審査が終わるスピードは、他と比べものにならりません。

自分が借りることが出来るのはどれくらい?

皆さんは自分がどれくらいまでならお金を借りられるかご存知ですか?

消費者金融のキャッシングやカードローンは総量規制という『年収の3分の1以上は貸し出してはいけない』という決まりがあります。

 

なので、消費者金融のキャッシングで、500万円まで即日融資可能!と書かれている看板を見ても、自分が本当に500万円借りられると思ってはいけません。利用限度額はその人の収入や属性情報、現在と過去の借り入れ状況などにより審査されるのです。

 

総量規制とは、消費者金融、信販会社などからの借り入れの【合計額】です。クレジットカードなどのキャッシング利用額ももちろん合計額に含まれます。
年収600万円の人が消費者金融から100万円を借りている場合は、他の消費者金融からは100万円までしか借りられないのです。

 

でも、この総量規制は銀行のカードローンは対象外になるので、銀行からお金を借りる場合は年収の3分の1までの制限はないんです。

 

利用限度額が高くなる人の例としては、年収が高く、勤続年数が長い正社員で、他の消費者金融などからの借り入れがない場合などは利用限度額は高めに設定されます。

 

逆に、非正規の社員や勤続年数が短すぎる、ほかの消費者金融ですでに借り入れがある、という人はキャッシングの限度額は低くなりがちです。

 

急にお金が必要になった時に、自分がどれくらいまでならお金を借りることが出来るのか考えておくのもいいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ