即日キャッシング24

即日キャッシング24|今すぐお金を借りる24の法則

即日キャッシングで今すぐ借りるために必要な方法を紹介します

ホーム » 即日キャッシングの流れ » キャッシングまでの具体的な流れについて

キャッシングまでの具体的な流れについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

カードローンやキャッシングの流れ

まず、カードローン申し込みには御置き分けて2種類あります。ローン専用カードとキャッシュカード機能付きカードかです。

 

ローン専用カードは、金融機関に口座が無くても電話やインターネット、店頭の無人契約機で申し込みができます。近頃よくCMで耳にする方も多いと思いますが、短時間で、カードのみの発行なので、口座開設の手間を省けますので簡単です。

 

キャッシュカードをすでにお持ちの金融機関でカードローン、キャッシングを希望の場合、店頭の無人契約機か、インターネットバンキングから申し込みが可能です。

お申し込みの際は、免許証かパスポートなど、ご本人の身元を確認できる書類のコピーが必要です。

 

また、れこは2つに共通することですが、一度に多額のお借り入れをご希望される場合は、現状の収入を証明できる給与明細等別途書類が必要です。

 

これは、金融機関にもよりますので確認が必要です。

 

申し込みの情報を元に、金融機関が審査を行います。融資希望金額など条件にもよりますが、最短で1時間などの金融機関が多く、即日電話で審査結果が聞ける場合もありますし、この場でカードが発行されることがあります。

 

返済のさいもも同じくATMや口座への振り込みなどで金利分含めてカードを利用します。

カードローンの借り入れをスムーズに進めるために

カードローンの審査は、申し込みを受けてから細かに申し込み者をチェックします。その人がお金を返してくれるかどうかは重要事ですので、提出された書類を見ながら収入が継続したものであるかどうか、勤続年数はどうかなどをチェックします。

 

また、過去に他の金融機関や消費者金融のサービスで滞納をしていないか、契約トラブルをおこしていないか、自己破産歴はないかなども信用情報も必ずチェックされます。「お金を返すだけの能力がある」「契約相手として信頼できる」と判断されれば、早ければ即日でお金を借りることができます。審査の主な流れは、チェック、判断の二段階であると言えます。

 

ただ、いざ審査で借り入れOKという結果が出ても、状況次第ではすぐに借り入れができないこともあります。それは、その金融機関に口座がない場合です。いざ借りてみたけれど都合の良い口座がなかったという場合は審査後につまづくことになりかねないのです。

 

金融機関によってはカードローン借り入れ自体の条件を口座開設者と定めている場合もあります。その場合は、申し込む前の段階で口座を作る必要がありますが、至急お金が必要な段になって口座開設をしているとその分借り入れが遅れますので、良さそうなカードローンサービスを確認して事前に口座を作っておくことは手続きをスムーズに進めるため、また、審査後に借り入れをスムーズに受けるために大切なことなのです。

仮審査の後に本審査がある

カードローンの審査の流れには、まず最初に仮審査があります。無事に仮審査を通過できれば、本審査に移行します。本審査を通過すれば、ローンカードが発行され、カードローンを利用できるようになります。

 

仮審査と本審査には、それぞれ特徴があります。
カードローンを申込む時には、それぞれの特徴をよく理解しておく必要があります。

 

仮審査とは

 

仮審査には、次のような特徴があります。
大雑把な審査、最も基本的な要素を調べて申込者にお金を貸しても良いかを判断します。審査自体も大雑把なもので、ある意味シュミレーションに近いです。

 

ですが、仮審査を通過しても本審査で落ちる場合もあります。仮審査を合格しても、すぐに融資可能となるわけではありません。

 

機械化された審査は

 

申込者の年齢や勤務年数、年収から融資可能かどうかを機械的に判断します。
コンピュータによってふるいにかける審査方法です。

 

スピーディーな審査は

 

仮審査はスピーディーに行われて、ほとんど時間がかかりません。
特に、インターネットで申込んだ場合は数分で仮審査の結果が出ます。

 

このように仮審査は、機械的に行われます。仮審査だけで審査は終わらず、本審査で人間による確認が行われます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ