即日キャッシング24

即日キャッシング24|今すぐお金を借りる24の法則

即日キャッシングで今すぐ借りるために必要な方法を紹介します

ホーム » 金利について » 即日キャッシングをすると金利はどうなるのか?

即日キャッシングをすると金利はどうなるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

カードローンについて

4月に人生初(免許取ってから)の車を買いました。中古ですが金額が高くなったので半分現金で半分がカードローンで買いました。月々の返済額が少ないですが払っています。

 

先日、友達がローンを払っても払っても減らないと言っていたので話しを聞いていると月々の返済額が少ないので、ローンの返済額が余り減っていないことがわかりました。

 

そのことがあり自分は返済額を上げたり、ボーナス月は返済額を増やすようにしたら利子がその分少なくなってカードローンを早く終わらせることができました。カードローンの金利が銀行より高いことを知ってできるだけカードローンを使わずにしています。

 

カードローンは気軽にとこでも使えますがあとのことを考えると金利などを考えたら、銀行のローンの方がましだとおもいます。でも、銀行は行かないとダメだし面倒だしてデメリットも多いです。

 

お金が必要になったときはカードのキャッシュは便利でたまに使いますが、カードなので使いすぎることが多くなることがあるデメリットもあるしメリットもあるのでカードは考えて使うようにした方がいいと思います。

 

銀行は金利がカードより安いので便利です。みんなさんもカードをつかうときは物にもよりますが金利はカードが高いので考えて使いましょう。

 

銀行と消費者金融の金利の違い

お金を借りる企業はたくさん有ります。銀行系カードローンや、信販系、クレジット系、消費者金融業などがあります。この中で金利が1番安いところは、銀行系カードローンです。そしてこの中で金利が高い所と言うのは消費者金融業です。

 

そして審査が厳しくて借入にくいのが、銀行系カードローンです。そして審査が優しくて借入しやすいのが消費者金融業です。

 

この銀行系カードローンと消費者金融業は、どういった違いがあるのかと言うと、銀行系カードローンは銀行法で借入業務を行うので、間違いの無い安定した人のみに安定した融資を行うので金利も低くしてあります。

 

消費者金融業は、賃金専門業者であるので、融資を出来るだけ多くの人に貸し出そうとしてくれます。その分リスクがあるために、少し金利も高くなるっと言うのです。

 

だから、金利が安いので誰もが銀行系カードローンの方がお得になるというと、そうで無い場合もあるのです。

 

それは、消費者金融業は、色々なサービスがあるので、それらを適用すると安い金利で済む場合があるのです。

 

それは無利息期間を利用するなどです。短期間の借り入れであるのなら、無利息期間を使うと、トータル利息が銀行よりも安かったという場合も出てくるのです。

 

そして一括ですぐに返済する場合に無利息期間を利用すると、全く利息が無くて終了する場合もあるのです。

 

だから、銀行は金利は安く、消費者金融は金利が高いというのが一般的な先入観でありますが、借入期間や、借入金額によって、金利が同じだったり、安くなったりする場合もあるので、比べてから申し込むすると良いでしょう。

カードローンやキャッシングを検討されている方へ

カードローンやキャッシングをされている方は、金利について考えられたことがあるでしょうか?今更聞かなくてもわかっているとおっしゃる方も思い出すためにも、ご一読ください。

 

元金とは実際に借りたローンの金額のことです。金利とは、この元金に対して、一定の利率をかけて出てくる手数料のことを言います。

 

では、この金利についてですが、日歩、月利、年利の3種類の表示方法があるのはご存知でしょうか?金融業界では多くの場合、年利が使われていますが、日歩にしても月利にしても金利は毎日掛かってきます。

 

この何日借りたかが重要で、金利の計算方法は「利息=元金×金利×借入期間」となるわけです。実際に計算してみましょう。

 

50万を年利15%で60日借りていたとしましょう。
50万円×15%÷360×60=12,500円が利息になるわけです。
2か月借りて、12500円ですよ。

 

ここからは、金利を安くする方法を記載したいと思います。

 

実際既に借りている場合、金利を安くする裏技はありません。金利の交渉をするなら借りる前です。

 

では、皆さんはお金を借りる場合、どこで借りますか?金融機関でしょうか?銀行でしょうか?ここで簡単に答えを書くと、審査が通るなら銀行の方がお得です。なぜなら、通常銀行は審査が厳しい分、金利も低めに設定されているからです。

 

ただし、借りるときは、何社がお話しをして、金利が何%になるのかお話しを聞いてからにしてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ